公益財団法人 一ツ橋文芸教育振興会
Contents
設立の趣意
一ツ橋文芸教育振興会の歩み
平成27年度事業報告
貸借対照表
財産目録
正味財産計算書
収支計算書
平成28年度事業計画
収支予算書
定款
役員名簿
HOME
公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会の歩み
1976年5月 文部大臣より公益法人の許可を受け設立。初代理事長に元文部大臣の劔木亨弘氏が就任。
1976年 「高校生のための文化講演会」事業を集英社宣伝部より引き継ぐ。地方新聞社各紙の協力を得て、全国各地の高校で作家・学者・文化人による講演活動を展開、全校生徒に小冊子「読書への招待」を配布、学校へは文庫セットまたは図書を贈呈。
1977年 高校生を対象に「奨学金」の給付を開始。(2006年より中断)
1981年 「全国高校生読書体験記コンクール」を各地方紙の協力を得て募集を開始。最優秀者には<文部大臣奨励賞(第35回より文部科学大臣賞)>を授与。毎年6月に学校へ応募要項配布、中央選考会を経て、表彰式は翌年1月都内のホテルにて開催。
1982年 「高校生のための文化講演会」開催校、1000校を突破。聴講生徒数、のべ120万6千人。
1984年 高校生実態調査への協力を開始。高校生の生活態度・意識等を海外の高校生と比較した「実態調査報告」を全国の高校に配布、またマスコミ機関にも提供。(2013年で当財団の助成は終了。この事業は国立青少年教育振興機構の主導となり、継続中)罹災高校に、図書贈呈等の事業を開始。
1985年 高校国語教育研究活動に助成開始。「全国連」全国大会や県単位の研究会に講師を派遣。
1987年 高文連活動に助成を開始。「全国高校生文芸コンクール」をはじめ、県単位の文芸コンクール、図書委員研修会へ講師派遣、賞品などの提供。
1991年 高校教職員のための「読書指導体験記コンクール」を開始。(2005年で中止)
1993年 北海道南西沖大地震。奥尻高等学校へ見舞金、国語辞典を贈る。さらに奨学生も採用。「高校生のための文化講演会」の開催校2000校突破。
1995年 阪神・淡路大震災。4名の奨学生増員採用。
1995年 コバルトノベル大賞、ロマン大賞に助成金などの後援を開始。(2013年4月より共催)
2002年 スーパーダッシュ小説新人賞への助成を開始。(2013年で中止)
2004年 新潟中越地震罹災生徒4名への奨学金給付(返済不要)。
2007年 「聞き書き甲子園」(第6回)へ助成開始。
2013年 内閣府より認定を受け公益財団法人に移行。
2015年   第35回「全国高校生読書体験記コンクール」応募総数403校、110,326編。「高校生のための文化講演会」が50周年。開催校のべ3,832校、聴講生徒数約338万人。
ページの先頭へ